[WordPress] 言語ファイルを編集するプラグイン「Codestyling Localization」

複数言語に対応したテーマやプラグインが多々あります。
日本語が少ししか翻訳されていなかったり、表現を変更したい場合は、「Poedit」などで言語ファイルを変更しますが、変更後にアップしたりが必要になります。
この翻訳作業をプラグインで行うのが「Codestyling Localization」というプラグインです。
ちょっと古いプラグインですが、今のWordpress4.xでも使用出来ます。

プラグインとしてインストール後、「ツール > Localization」
150309-0005
こんな感じで翻訳ファイルがあるテーマやプラグインが表示されます。

150309-0006
Wordpressの翻訳ファイルはこんな感じです。

右側の「Edit」で翻訳文を入力します。
150309-0007

翻訳が出来たら、上にある「generate mo-file」をクリックするとmoファイルに変換されます。
150309-0008


日本語は「ja_JP」と表現される事が一般的かと思いますが、Wordpressの日本語は「ja」になります。
このプラグインは「ja_JP」を認識し、新規で日本語ファイルを作成すると「ja_JP」になります。
先日使用した多言語対応のプラグインは「プラグイン名-wordpress言語.mo」というファイルを使用して、多言語対応させていましたので、「ja_JP」ファイルは認識しませんでした。

参考:WordPress › フォーラム » CodeStyling Localization日本語化

フォーラムに「CodeStyling Localization」のja_JPをjaにする方法が掲載されていました。

codestyling-localization.php

[a-z][a-z]_[A-Z][A-Z]
↓
[a-z][a-z](?:_[A-Z][A-Z])?

に置換。
複数箇所あるので、全て置き換えます。

/include/locale-definitions.php

ja_JP
↓
ja

に置換。
2箇所あります。

上記を変更すると、「ja」ファイルを認識し、新規で作成される日本語ファイルも「ja」となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)